■プロフィール

どろんこなっく

Author:どろんこなっく
ぱぴー 42才☆
趣味 サッカー観戦、バレエ、クラシック鑑賞(チェルシー ファン)

まみー 42才☆(先行帰国)
趣味 シエスタ・ショッピング

ぼん  15才☆(先行帰国)
趣味 バレー、ゲーム(チェルシー ファン)

わんわん 2才☆(先行帰国)
趣味 ボール遊び・いたずら・シエスタ

以上 3人と一匹のロンドン生活を綴ります。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ
■リンク
■FC2カウンター

■FC2カウンター

現在の閲覧者数:

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
もうすぐインターネットの契約が切れてしまいます。
ですので、大変申し訳ございませんが、コメントを頂戴しても御返答、お礼ができません。

さよならー、ロンドンーーーーーーーー

ということで、最後にお気に入りのお店の車の写真です。
スコーンと名物メード・オブ・オナーが絶品のNewensの車(現役です)
20101027 004 Aewens

そして
園芸屋(直訳すると、まったくおしゃれじゃないですねー(笑))
ピーターシャム・ナーサリーのトラック
20101027 006 Petersham Nurseries

色といい、デザインといい、おっされーーー♪なブリティッシュって感じです!!

ではみなさん、
呼ばれて出てきてジャジャジャジャーーーン♪
となるまで、しばし休憩します。

(うーーーーん、若い方は知らないかも.........)
スポンサーサイト


テーマ:日記 - ジャンル:日記

生活 | 00:10:00 | Trackback(1) | Comments(0)
突然ですが....これまでありがとうございました!
もしかすると、鋭い方はうすうす気付いていたかも知れませんが
20110115 001 London

今週の金曜日のフライトで日本に本帰国することとなりました。
飲み会続きでこの日記ブログのアップにも苦労していたので、
皆さんのブログにお寄り出来ないこと、コメントできないこと、
申し訳なくおもっています。
また報告が遅れすいませんでした。
20110115 002 London

まみー、ぼん、わんわんと再び一緒に生活できることはこの上ない喜びですが、
2006年から4年半暮らしたロンドンを去ることには一抹の寂しさも感じています。

明けて来週月曜日からの出勤、会社からは新たなアサイメントを拝命しているため、
少なくても暫くの間コメントへの返答、アップはなかなか厳しいのではないかと思います。

これまでたくさんの方々の訪問、そして温かいコメント、本当にありがとうございました。
特に単身赴任になってからは、みなさんのコメントに励まされることが多く感謝の気持ちでいっぱいです。

また余裕が出来れば皆様のブログへ訪問させて頂くとともに、
ほそぼそとブログをアップ出来ればいいなあと考えています。

最後まで月並みですが、みなさまのご多幸を心より心よりお祈りします。

SEE YOU SOON!

ぱぴー&家族一同(もちろん含む わんわん)



テーマ:日記 - ジャンル:日記

生活 | 23:30:00 | Trackback(0) | Comments(10)
ポール・スミス(Paul Smith)好きの方はいかがですか?
いまやサーの称号を持ち、英国を代表するデザイナーとなったポール・スミス
PS.png

大胆な色遣いのストライプ柄 (multi stripe)はブランドの象徴でもあり、
いろいろなストライプが商品展開されています。
MS_20110116220933.jpg

日本のポール・スミスはライセンス生産で若年層を意識した展開であるようですが、
ここ英国のポール・スミスは路面店と高級専門店への卸が軸で、
ミドルエイジ層をターゲットとした展開なので、
基本的に日本よりもかなり高価なラグジュアリー・ブランドです。

個人的な趣味とはあまり合わないので記念買いもしませんでしたが、
今回気に入った商品があったので、初ポール・スミスしちゃいました(笑)
といっても洋服ではなく

じゃーーーーん、
マルチ・ストライプ柄のハンカチとミニカーです。
20110116 001 PS

ミニカーはCORGI社製のアルミダイキャスト、日本で言うトミカみたいなものです。
CORGI社は、LLedo社とならぶ英国のミニカー・メーカーの老舗
ヴィンテージのミニカーは全て英国製ですが、これは中国製です。
20110116 005 PS

熱狂的なポール・スミス ファンではないので細かいことはわかりませんが、
このポール・スミス ストライプのミニカー
かつて販促商品として限定的に生産されたようで、
マニアの間ではそこそこの価格で取引されていたため手が出ませんでした。
今回は商品としてお店に並んでました!!!
20110116 006 PS

英国好き、Paul Smith好き、ミニ好きな方、いががですか?


テーマ:ファッションブランド - ジャンル:ファッション・ブランド

英国ブランド | 00:10:00 | Trackback(1) | Comments(2)
イヴァン・フィッシャー指揮 ブダペスト祝祭管弦楽団 -ベートーベン 交響曲第6番 他ー
Shell Classical International 2010/11シリーズにRoyal Festival Hallに行って来ました。
20110116 001 RFH

演奏はブダペスト祝祭管弦楽団(Budapest Festival Orchestra)、
同楽団は指揮棒を握るイヴァン・フィッシャーとピアニストのゾルターン・コチシュを
音楽監督として1983年に創立しされたオケで、1992年からは常設オケとなっています。

楽団創設者である指揮者のイヴァン・フィッシャー(Iván Fischer)は1951年ハンガリー・ブダペスト生まれのユダヤ系ハンガリー人で、ウィーン音楽院でハンス・スワロフスキーに師事し、ウィーン交響楽団などへの客演の経験もあるようです。
if.jpg

ピアノはスティーヴン・ハフ(Stephen Hough)
sh.jpg
イギリス出身で2005年にはオーストラリアの市民権も取得しています。
著名なオケとの共演もとても多いようです。

演奏曲は
ハイドン  :交響曲第92番(オックスフォード)
リスト   :ピアノ協奏曲第1番
ベートーベン:交響曲第6番(田園)

今回もいい席のチケットを取ることが出来ました。
20110116 003 RFH

しかも本日はハンガリー政府関係者と英国王室も鑑賞されるようで、
期待が高まります。
20110116 004 RFH

Royal Festival Hallの支配人のスピーチの後、
オケに続き、指揮者のフィッシャーも登場し、いよいよ演奏開始です。

ハイドンの交響曲、第1楽章の演奏開始直後から、
うん??何かいままで聴いた演奏とは全然違うと感じました。
まず弦が豊かでいい響きを奏でます、そればかりか木管、金管もワンダフルです。
さらにアンサンブルが別次元!!

たとえて言うなら、寄せては引く波のように音を繋いでいきます。
各パートに寸分の狂いもないのですが、でも音と音とが切れた感じてはなく、
やさしく手と手を取り合いながら音を縒っていく感じです。

数十人という大所帯のオケのメンバーが指揮者の望む完璧な色と太さの音を紡ぎ、
フィッシャーが自分の思惑通りの音楽という名の布を織っていく感じです。
指揮者の動き通りに音が生まれる感じを初めて目のあたりにしました。
ただただ呆然です。

そして、リストのピアノ協奏曲第1番
20110116 005 RFH
超絶技法を難なくこなす高い技術をもつハフが、フィッシャーと心を通わせながらの演奏
悪いわけがありません!!
アレだけの速度で鍵盤をたたきながら強弱をつけられる(特に強音)技量、素晴らしいです。
もちろん、スロー部分もときに軽やかに弾むように、ときにしっとりと
まるでピアノが意思を持っているように音を創り続けます。

一転スローな曲で感性を前面に出したアンコールも良かったです。

インターバルのあといよいよ田園です。
曲を意識してか、舞台には一本の木が持ち込まれてます。
20110116 006 RFH
まずピックリしたのが、オケの配置です。
基本的には左手前が第1バイオリン、チェロ、ビオラ、第2バイオリン、奥にコントラバスですが、
ファゴット奏者の1人がチェロの中に、クラリネット奏者の1人が第2バイオリンの中に配置
さらにチェロとビオラを押しのけ、指揮者を囲むようにフルート、クラリネット、オーボエが配置されています。
ホルンもチェロの位置に乱入してます。ビックリしました。

ウィーンP、ニューヨークP、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、ロンドン響、ヒューストン響、パリOなど、ど素人なりにいろいろコンサートに行きましたが、これまでの演奏会で一番でした!!!
会場もスタンディング・オベーションの嵐、これまた初の経験です。

アンコール曲も、ブラームスのハンガリー舞曲にヨハン・シュトラウス2世のポルカ(ハンガリー万歳)と楽しませてくれました。

ロンドン最後の演奏会がこんなに充実していてホントに幸せ者です!!!
(出来れば今月末のロス響と来月のベルリン・フィルには行きたかったのですが.......)

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

クラシック コンサート | 23:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)
英国ロイヤル バレエ -ジゼル(Giselle)- タマラ・ロッホ&カルロス・アコスタ編
おもいーいこんだーら、試練のみーちーをー♪
ゆくがー、おとこの、どこんじょーぉー♪(by巨人の星)
とばかり昨日に続き英国ロイヤルバレエ団『ジセル』(ピーター・ライト版)を観にいきました。
giselle1.jpg

ロイヤル・オペラ・ハウスのエントランスです。
20110115 003 ROH

20110115 004 ROH

今回のジゼル&アルブレヒトを演じるのは、コジョカル&コボーと並び
ロイヤルバレエの看板ペア、タマラロッホ&カルロス・アコスタのペア、
ペアで観るのはなんと初めて!!期待が高まります。
rojo_20110103064531.jpg acosta.jpg

第1幕のパ・ド・シスでは崔 由姫(チェ・ユフィ)さん、高田 茜さんに加え
choe_20101012050815.jpg takada.jpg

開演前にアナウンスがあり、急遽、蔵 健太さんが出演するとのこと!
kenta.jpg

うれしいことに昨日の布陣と同じく6名のうち3名が日本人と豪華布陣です!!

第1幕ですが、さすが看板ペア!!開始からすでに違いを感じます!!

アコスタは男性とは思えないほど、手や体の表現が柔らかで動きの1つ1つが表情豊か!
ちょっと茶目っ気のあるアルブレヒトを情感たっぷりに演じます。
かといって動きが小さいわけではなく、ジャンプは高く滞空時間もあり、
技術ももちろん高かったです。

もちろんロッホもこれまた素晴らしい出来!
思いを寄せているアルブレヒトから告白を受け、喜びが体全体から溢れています。
その思いをこめた踊りを狩りにきた貴族の前で.....
そして一転、貴族の美しい女性がアレブレヒトの婚約者と知り
やり場のない悲しみが津波のように押し寄せます。
現実をうまく受け入れられず、心と体がちぐはぐになったまま命を落とすジゼル
素晴らしかったです。

もちろん、2人の息もピッタリ、安心して2人の演技に集中できます。

日本人アーティスト揃い踏みのパ・ド・シスも昨日同様素晴らしかったです。
あっという間の第1幕でした。

そして第2幕
giselle2.jpg

またまた看板ペアの実力が炸裂!!!

ロッホは、アルブレヒトを一身に愛しつつも人間としての実態のない精霊をホントに体現していました。
リフトだけでなく、ソロで踊っているときも常に重力を感じさせません。
ソロでかなり激しいステップ&スピンがあるシーンでも、高い技術力で全く実在感を感じさせません。
またアルブレヒトへの一途で献身的な愛もひしひしと伝わってきます。

そしてアコスタ
第一幕同様、やからかで情感いっぱいの動きで、最終的にはジゼルを騙していたことへの激しい後悔の念と無くして改めて知ったジゼルへの愛をこれまた余すとこなく表現します。

リフトも素晴らしいです。
ロッホの動線とリフトの動線が一瞬逆になるため、ホントに重力を感じさせません。

個人的な贔屓はコジョカル&コボーですが、ロッホアコスタ
このペアも現在の英国ロイヤルバレエの至宝と感じました。
20110115 009 ROH

20110115 008 ROH

20110115 010 ROH

これで英国ロイヤルバレエとも暫くさよなら、ちょっとさびしいです。

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

バレエ | 23:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)
英国ロイヤル バレエ -ジゼル(Giselle)- ベンジャミン&ワトソン編
今週も月~木は連日飲み会でちょっとお疲れモードのなか、
じゃーーーーーん、2011年初めての英国ロイヤルバレエ団!
giselle_20110103062411.jpg

オケのリハーサルにも行った『ジセル Giselle』(ピーター・ライト版)を観にいきました。
開演前のPaul Hamlyn Hall、さすがに大勢の観客でいっぱいです。
20110114 001 ROH

ジゼル&アルブレヒトを演じるのは、リャーン・ベンジャミン&エドワード・ワトソン。
benjamin_20110103070206.jpg watson.jpg

最前列中央の席ではありますが、2月のジゼル、コジョカル&コボーからの振替です。
うーーーーーん観たいです。コジョカル................
まあ前回のジゼルはコジョカル&コボーだったので、ここは我慢です!!
でもプログラムを見てラッキー!!

第1幕では狩りのリーダー役として平野亮一さん
Hirano.jpg

パ・ド・シスでは 由姫チェ・ユフィ)さん、蔵 健太さんに加え
choe_20101012050815.jpg  kenta.jpg

高田 茜さんが出演です。
takada.jpg

さらにさらに、第2幕では、精霊のMOYNA役に負傷欠場のヘレン・クロフォードさんに代わり、第1幕に続き 由姫チェ・ユフィ)さんが再び登場です。
将来、ジゼル役への抜擢を見込んでのことでしょうか???

本日の指揮はオケのリハーサルでもタクトを握っていたKoen Kesselsさん、ということで演奏も期待できます!

さてさて感想ですが、第1幕ですがパ・ド・シス、すごく良かったです。
さんの優雅で流れるような動き、ソロも良かったです。
蔵さんは前回公演とは見違える本来の動きでした!!ペアを組んださんのとの息もピッタリ
そしてソロも素晴らしく、会場からは大きな拍手が!!
高田さんも伸び伸びと演じていました。

ベンジャミンジゼルは、奥手ですがアルブレヒトへの感情が序々に表面に出てくる感じでした。
アルブレヒトに婚約者がいるとわかった後は、人格が破壊され狂っていくというよりは、幻覚に翻弄されながら死に至っていくといった感じでした。

一方ワトソンのアルブレヒトは女たらしで遊びでジゼルを手玉にとるというよりは、
婚約者よりもジゼルのことが好きな感じでした。

そして第2幕
giselle2.jpg

精霊になったジセルの生命感のなく、無重力な感じが要求されますが、
ワトソンのリフトによるところも大きいですが
出だしよりも終わりにかけてうまく雰囲気が出ていたと思います。

MOYNA役のさんとZULME役のSIAN URPHYさん
やはりさんの優雅な動きが、マーフィーさんは切れのある演技が印象的でした。
20110114 005 ROH

精霊の女王役のITZIAR MENDIZABALさん
スケールが大きいながらもしなやかな動きで観客を魅了していました。
20110114 007 ROH

そしてベンジャミン
20110114 011 ROH

ワトソンの主役2人
20110114 013 ROH

コジョカル&コボーに較べるとさっぱり醤油系(笑)ですが、
ドロドロ系が嫌いな方はいいかもしれません!


テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

バレエ | 23:50:00 | Trackback(0) | Comments(0)
The Orchestra of the Royal Opera House  -Giselle: Orchestral Rehearsal-
新年から続く飲み会の合間をぬって、ロイヤルオペラハウス オーケストラのリハーサルに行ってきました!
ROH_20110103043607.jpg

場所はオペラハウスのClore Studio Upstairs
正面右手のエスカレーターで上がり、
20110105 001 ROH

廊下を歩いた奥にホールの最上部にあるAmphitheatre Barへ。
20110105 003 ROH

Paul Hamlyn Hallでは何かイベントがあるようです。
20110105 004 ROH

目指すClore Studio Upstairsは、さらにAmphitheatre Barから階段で上がったところにあります。
20110105 002 ROH

演奏曲はアドルフ・アダン作曲のジゼル!
予定では、インターバル1回、3時間15分をかけてのリハーサルです。
通常のバレエではインターバル1回、公演時間2時間15分ですから、
かなり時間をかけてのリハーサルです。

いつもは、各幕の序章くらいしか気をつけて聴いていないので、
バレエを踊る前提での演奏って、何に注意してのかとても興味深いです。

オケの音を完成させていく過程が見れてとても面白かったです。
また最前列でバレエを鑑賞している時のオーケストラ・ピットから流れる音と違い、
とってもいい音を奏でているのでビックリしました。
(スイマセン、そんなに期待していませんでした(汗))
20110105 005 ROH
笑顔が絶えないリハでした!!



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

バレエ | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
お年玉はMidwinter(ミッドウインター)のToadstools(毒キノコ)♪
お年玉 For me~♪ for me~♪ for me~♪ (ぷち絶叫系 Bohemian Rhapsody by Queen)
とばかりに自分へのお年玉、しちゃいました!!

MIDWINTERのToadstools(毒キノコ)のトリオです!!
知っている方もいらっしゃるとおもいますが、ファブリックからインスピレーションを受けた
1956年のJessie Tait(ジェシー・テイト)のデザインで、生産数も限られているといわれてます。
20110105 001 Midwinter

こちらがプレート
20110105 002 Midwinter

そしてソーサー
20110105 005 Midwinter

カップ&ソーサーです。
20110105 003 Midwinter

カップの裏側の毒キノコはこのデザインです。
20110105 004 Midwinter

ちなみにバックスタンプはこんな感じです。
20110105 006 Midwinter

収納スペースもないので、これにてヴィンテージ収集も打ち止めとしま~す。

テーマ:骨董・アンティーク大好き - ジャンル:趣味・実用

ヴィンテージ・アンティーク | 23:00:00 | Trackback(0) | Comments(7)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。